賃貸の連帯保証人は一番多いのは家族でその中でも親でしょう。それ以外だと意外にも会社の上司が多いそうです。

賃貸の駐輪場のスペースについて。

Hot Topics
賃貸の駐輪場のスペースについて。
賃貸の駐輪場のスペースについて。

賃貸の連帯保証人の探し方

賃貸を借りる場合は連帯保証人が必要な時があります。これは住んでいる人が家賃を払えなくなった場合の保証ということで、未だにある制度なのです。これを付けないと借りられないとこともまだまだ不動産屋さんには多いと言えます。この連帯保証人の探し方ですが、通常は自分の親や兄弟ということになります。頼むとしたら、そこが一番頼みやすいですし、承諾される可能性も高いです。ただ、家賃が払えなくなって兄弟に迷惑がいくとなると、かなり関係がおかしくなってしまいます。

両親であれば、一時期迷惑をかけても許してもらえることは多いでしょう。ただ家族に頼めないという人もいます。そういう場合に一番多いのが、会社の上司ということになります。意外な話ですが、住む家に関してですが、連帯保証人を頼む先は家族を抜くと会社の上司が一番多いのだそうです。仕事とプライベートは別という考え方がありますが、日本の場合はそういうところは曖昧なようです。日本的な現象ではないでしょうか。

注目情報