賃貸経営で、支出に対する収入の割合を数字化したものが利回りです。支出額を回収するのにかかる期間を予測できます。

賃貸の駐輪場のスペースについて。

Hot Topics
賃貸の駐輪場のスペースについて。
賃貸の駐輪場のスペースについて。

賃貸経営と利回りの計算方法

賃貸経営をするなら、まず最初にその物件の収益性をきちんと把握しなくてはなりません。不動産経営において、支出に対して利益つまり収入がどのくらいの割合で見込めるのかを数字で表したものを利回りといいます。例えば、賃貸用の物件を3500万円で購入したとして、年間の収入が350万円であればこの経営の利回り(表面利回り)は10パーセントで、元手を回収するのにはちょうど10年かかる計算になります。このように、利回りを把握しておくことで収支のバランスやどのくらいの利益が得られるのかを知ることができるわけです。利回りはその計算方法によりいくつかの種類にわけられます。表面利回り・実質利回り・想定利回りなどです。

表面利回りは、収入を購入費用で割って算出します。経営する物件の収益力を大きく把握するには計算も単純で便利なのですが、新築あるいは経営をスタートした時点での計算になるので、経営を続けて何年か経過した時には最初に計算した利回りを維持できない可能性もあり注意が必要です。実質利回りというのは、家賃として入ってくる収入から税金や保険料、管理やメンテナンスに必要な費用を差し引いてから購入費用で割ったものです。賃貸経営を続けるために不可欠な税金や修繕費用などのコストを差し引いて計算していますから、その物件の収益性をより正確にに知ることができます。また、想定利回りというのは、満室で経営できた場合の収入を購入費用で割ったものです。最高の条件で経営できた場合を想定して算出した、考えられる最大の利回りということになります。

注目情報