賃貸経営をするメリットとして、固定資産税・都市計画税・相続税・所得税などについての節税対策があります。

賃貸の駐輪場のスペースについて。

Hot Topics
賃貸の駐輪場のスペースについて。
賃貸の駐輪場のスペースについて。

賃貸経営で税金対策をする仕組みについて

賃貸マンションやアパートの経営には、家賃収入が得られることの他に税金の軽減対策ができるというメリットがあります。税金にはいろいろな種類がありますが、賃貸経営を行うことで控除の対象になったり軽減措置がとられる税金は主に固定資産税・相続税・所得税です。まず、不動産を所有していると固定資産税の納税義務が生じますが、更地を所有しているケースに比べてマンション等の敷地についての固定資産税は6分の1と大きく減額されます。また、賃貸用にマンションやアパートを建てると、その土地は貸家付きの土地として低く評価されます。マンションを建てる時に借りた資金が相続財産から控除されることと併せて、マンション経営をすることで相続税を軽減する対策もできるわけです。

さらに、マンションやアパートの経営をする大きなメリットが損益通算ができることです。損益通算というのは、家賃収入から管理のための経費や税金などを差し引きした時点で収入の方が少なく、いわゆる赤字となってしまった時にその赤字計上を給与などの他の所得から差し引く計算をすることです。損益通算ができることで、他の所得の合計額が少なくなり、結果として所得税や地方税などを抑えることができるという仕組みです。