敷金には賃貸物件の入居者の責任を担保する意味があります。入居者の責任には家賃支払いと損害賠償が含まれます。

賃貸の駐輪場のスペースについて。

Hot Topics
賃貸の駐輪場のスペースについて。
賃貸の駐輪場のスペースについて。

賃貸経営における敷金の意味合い

賃貸契約を取り交わす時には、入居者は一般的に敷金として家賃の数ヶ月分を支払います。この敷金には、物件を借りて入居している人に発生する全ての債権を担保するという意味合いがあります。つまり、この敷金というお金は、何か万が一のことが起こってしまった場合の担保として預かるお金です。敷金が担保する入居者の債権には、主に「家賃の未払い」と「損害賠償」が含まれます。入居者が万が一家賃を滞納してしまった場合には預かっている敷金から充当するというのがまずひとつめです。

次に、家賃を支払って賃貸物件に入居する人には「善良な管理者の注意」の義務が発生します。これは簡単に言うと「退去の日まで善良な管理者として借りている物件を管理しなければならない」ということです。よって、善良な管理者の注意を怠って物件を故意に破壊したり汚損したケースでは損害賠償の義務が生じます。この損害賠償の義務が生じた場合にも敷金が充当されることになるわけです。

注目情報